水辺の道草・お散歩ガイド

水辺の道草は「水の音」「風の流れ」「野鳥のさえずり」「雲の流れ」「時間の移り変わり」「季節の変化」などをゆっくり楽しむ事が出来ます。気分のリフレッシュ、心の安らぎ、自然との一体感を感じる事が出来ます。お金を使わずに、これだけ満足感を得られるのは本当に贅沢な時間です。整備された公園も良いのですが、本当の大自然の中へ溶け込むことで新しい発見や動植物との偶然の出会いも楽しめます。水辺の散歩を是非楽しんで下さい!

装備・服装

季節により服装も当然変わりますが、寒暖差に対応出来る様に用意します。河川流域など水辺は冷気が流れるので真夏でも寒く感じる場合があります。私は通常の服装とは別に着替えのTシャツ・防寒用長袖なども持参します。突然の雨など山間部は天気が変わりやすいので防水タイプのジャケットや雨がっぱなども必要です。また服装の色合いは出来るだけ明るい色をオススメします。黒系の色はハチなどに攻撃されやすくなりますので避けて下さい。用意しておくと助かる物をピックアップします。

防寒、防水タイプの服装/靴下の替え/帽子/

水辺で一休み

水辺でのんびり

 

注意する点

河川や人気のない草むらなどに入る場合は想定外の出来事もありますので、万が一に備え用意しておくと安心です。クマや動物避けに音の出る物、虫も季節により多いので防虫対策、草むらの中へ入る時はウォーキングポールなどがあると木の枝を避けるなどに便利です。足元が湿地になっていたり陥没している場所などもあるので、十分に注意して下さい。入ってはいけないエリアも存在します。看板があったりロープで仕切られている所は避けて下さい。動物が多く生息しているエリアは必ず多くの糞が点在していますので、このようなエリアも避けた方が良いと思います。

台風・大雨・洪水・河川氾濫など増水している時は絶対に近づかない事です。普段、穏やかな清流や河川も増水すると表情が一変し、命に関わる危険性があります。またダム湖や水量調節施設の下流域では急な放流などもありますので、くれぐれも注意をして下さい。

携帯やラジオなど音の出る物/虫除けスプレー/ウォーキングポール/編みネット付き帽子/絆創膏など救急道具/軍手または作業用ゴム手袋/長靴

アイテム

水辺でのんびり過ごすための快適ツールや必須アイテムをピックアップします。

飲み物/食べ物/ゴミ袋/ウェットティッシュ/アウトドア用チェア/折りたたみテーブル/日傘/双眼鏡/カメラ/ビニール袋/バケツ/スコップ/カッターなどアウトドアツール/タオル/クーラーボックス/折りたたみ自転車

水辺の散歩

水辺の散歩

マナー

整備されていない場所に入る場合は汚さない為のマナーが基本です。ゴミは必ず持ち帰るのは当然ですが、立ち去る時は元の状態に戻す事を心がける必要があります。また近隣の方が散歩で通る場合もあるので、こんな時は怪しい者(ある意味、怪しいのですが)では無い事を伝える為に、こちらからご挨拶をすると安心してくれます。特に山間部の渓流沿いなどでは渓流釣りの方と会う事も多々あります。周辺エリアの環境に詳しいので、気軽に釣果を聞いたり周辺の情報収集をすると珍しいポイントを教えて頂けたりします。

車で行く場合、山間部になるほど駐車場が無い場所が殆どです。路肩への駐車の場合は見通しの良い場所を選び、通行の妨げにならない様に注意が必要です。私の場合ですが、路肩に停め、その場を離れる際は紙に電話番号と「近くに居ます」と書いてダッシュボードに置いておきます。

水遊びの禁止エリア、魚獲りの禁止区域などもありますので事前に確認して下さい。河川・池・ダム湖などは定期的に管理人さんが巡回していますので、不明の場合は直接聞いてみる事をおすすめします。

とても綺麗な渓流がある場所というのは、逆に言えば人の手が入っていない所です。あまり人が近づかない事で不法投棄などの残念な光景も見受けられます。この様な場所は金属やガラスの破片など危険物もありますので近づかないで下さい。

川に入るなど水遊びの際は水の事故が無い様にくれぐれも注意して下さい。

水辺散歩

水辺散歩

ワンポイント

目的の場所に行く際には事前に駐車場の有無とトイレの有無を確認します。マップで検索し車が停められそうな場所探し、最寄りのコンビニやトイレ設備のある施設などは知っておく必要があります。

当サイトについて

ご案内人「野辺麓(のべろく)」です。子供の頃から川遊びが好きで、現在も時間があると未開の地を求めて河川や湖沼などを探索しています。野鳥や風景写真を撮りながら、水辺でのんびり過ごすライフワークを楽しんでいます。出来るだけ人の少ない場所が好きな為、観光情報などでは出てこない様なマニアックなポイントが多くなります。皆さんの水辺遊びの参考になればと思い、個人的に気に入ったポイントは所在マップ付きでご紹介しています。

免責事項

当サイトの情報はあくまで個人的な見地により投稿していますので、情報に不備や不適切がある場合はご容赦下さい。また訪れた当時と現時点では状況や環境変化などもあると思いますので、あくまでも参考として御覧下さい。尚、ご紹介しているポイントやエリアなどで事故やトラブルなどが発生しても、当方では一切の責任を追うものではありません。ご自身の判断と責任において行動して下さい。また情報についての問い合わせなどは受け付けておりません。ご理解の程、宜しくお願い致します。

スポンサーリンク
SNSでシェアする
管理人:野辺麓インスタグラム
水辺の道草